一隅を照らす、これすなわち国宝なり

「一隅を照らす運動」

「一隅を照らす運動」は、信仰と実践によって一人ひとりが心豊かな人間になり、平和で明るい世の中を共に築いていこうという社会啓発運動です。「一隅を照らす、これすなわち国宝なり」という、天台宗を開かれた伝教大師最澄さま(767~822)の精神を現代に生かすために生まれました。
一隅(いちぐう)とは、今、あなたがいる、その場所です。あなたが、あなたの置かれている場所や立場で、ベストを尽くして照らしてください。あなたが光れば、あなたのお隣も光ります。町や社会が光ります。小さな光が集まって、日本を、世界を、やがて地球を照らします。
あなたの一隅から世界を照らしましょう!一人ひとりが輝きあい、手をつなぐことができれば、みんなが幸せになり、すばらしい世界が生まれます。(*引用)

 

有名人はテレビやSNSで発信すると、大きな影響を与えることができます。

しかし一般人では大した影響を与えることはできません。

一人の一般人では小さい力でも、百人・千人・万人となれば、大きな力になります。

 

一人でも多くの人が無財の七施を実践して、「一隅を照らす運動」を推進し、

周囲にいる人に良い影響を与えれば、世の中は徐々に良くなっていくでしょう。

小さいことからコツコツと周囲に良い影響を与えていきましょう。

 

浄土宗 泉流山 実相寺 HP

www.youtube.com

YOUTUBE 番組出演動画